2019年10月23日水曜日

令和1015日(水)18:30~20:00

令和元年度職員研究発表会(後期)3チームの紹介

〈発表部署:特別養護老人ホーム喜楽園〉

☆テーマ 「初めての新人指導」
      ”ローマは一日にして成らず”

☆発表者 主任介護員 野澤 昇平
     介護員   岡田 麻依
     介護員   中村 早希

☆発表内容
 特養喜楽園の職場に平成30年4月に1名、そして平成31年4月に1名、高校新卒者が介護職員として採用になりました。これまで高校新卒者の新人指導としての手順書や指導経験等はなく、これを機会に喜楽園特養Ver「新人教育マニュアル」作成し、計画的な新人教育を行い、質の高い新人職員を育てるとともに、新人教育を通じ、指導者としての能力向上を目標に、指導方法や個人面談など試行錯誤を繰り返しながら取り組んできた2年間の報告と今後の展望について、新人指導担当主任と新人職員2名による発表が行われました。


〈発表部署:デイサービスセンター スマイル〉

☆テーマ 「大切な排泄介助」
      ~適切な排泄介助とは?~

☆発表者 主任介護員・相談員 大見 直樹
     
☆発表内容
 デイサービスをご利用される高齢者皆さまにとって、高齢者の尊厳を傷つけず、自立支援を意識した適切な介助ができているのだろうかという視点で現状の介助の対応を振り返り、そこでの問題点(個々の排泄確認の徹底)を絞り、職場全体で情報共有を図りながら「適切な排泄介助」への取り組みと成果の検証、そして、今後の取り組みについての発表が行われました。





〈発表部署:養護老人ホーム喜楽園〉

☆テーマ  「新人職員が入社から夜勤業務一人立ちまで」
       ~ 養護老人ホームを理解する ~

☆発表者  養護課長  小迫 輝彦
      主任支援員 村上 眞理子

☆発表内容
 平成30年4月新卒高校生1名が養護老人ホーム職場に採用配置された以降の新人指導の経過と入社7ヶ月後に、見事、夜勤(入所者50名 夜勤者1人体制)が一人立ちできたまでの職場での取り組みの報告と今後の目標についての発表が行われました。













2019年9月30日月曜日

令和918日(水)18:30~19:40

令和元年度職員研究発表会(前期)を開催しました。

〈発表部署:喜楽園居宅介護支援事業所
      &ヘルパーステーション スマイル〉

☆テーマ  「地域包括ケアシステム」を活用して
         可能な限り在宅生活を支えた事例
      『ま よう こんな状態で 家で一人で生活できたよのう』

☆発表者  喜楽園居宅支援事業所 課長 柚木千津子
       ヘルパーステーションスマイル 課長 西川洋子

☆発表内容

 「住み慣れた地域で 自分らしい暮らしを 人生の最後まで 続けることができるように」を目指して美和会の居宅とヘルパー職員が、関係機関(主治医・保健師・地域包括支援センター・民生委員・地域住民・家族・親戚)との”地域包括ケアシステム”を活用し、認知症(当時68歳・男性・一人暮らし)高齢者を限界まで支えてきた3年間の三和町版地域包括ケア実践事例の報告でした。





〈発表部署:栄養課〉

☆テーマ  食材委託 ~食材費・人件費・現状・これから~     

☆発表者  管理栄養士 課長 山本 玲子     

☆発表内容 

 調理場職員の人材確保に対する課題への対応策として、平成27年9月から食材委託方式が導入されて4年が経過しています。この間の調理職場を取り巻く、人材確保(職員の離職・雇用の推移)や経営状況(食材費と人件費の推移)などにどのような変化や影響があったかについて、栄養課職場の視点で分析と報告を行いました。
























2019年8月22日木曜日

令和820日(火)18:30~20:00

8月定例職員研修会(特別講演)内容を紹介します

〇演題 「健康長寿は食べられるお口から!」

 ~ 口腔機能を維持してオーラルフレイルを予防しましょう ~   

   講師 国家公務員共済組合連合会
      呉共済病院 歯科口腔外科部長 東森秀年 氏
     (日本口腔外科学会認定 口腔外科指導医・専門医)   

    
 今月は、口腔ケア指導・普及をはじめ、歯科・医科連携に県内はもとより全国各地で講演活動に活躍中の”三和町にゆかりのある東森先生”をお迎えし、特別講演を行っていただきました。美和会職員(出席者47名)を対象に、口腔ケアの重要性を分かりやすく、理論的に時折、ユーモアも交えながらの大変充実したご指導をいただきました。
 この学びを明日からの食事介助や口腔体操等の中で実践して行きましょう。

 《主な研修内容》
   1 お口のケアについて
     ●お口の清潔(器質的)
      ・磨き残しが多い所
      ・磨き方のポイント
      ・舌ケア
     ●お口の働き(機能的)
      ・食べる機能の回復
      ・オーラルフレイルの予防
     ●口腔細菌と全身との関わり
      ・誤嚥性肺炎
      ・骨粗鬆症
      ・その他(脳卒中、心筋梗塞、糖尿病、がんほか)
   2 お口の機能維持・回復
      ・パタカラ体操
      ・舌の体操
      ・唾液腺マッサージ
   3 骨粗鬆と歯との深い関係(負の連鎖)
      骨粗鬆予防には ①日光浴 ②運動 ③食事+口腔ケアが重要!






  

令和716日(火)18:30~20:00

6月定例職員研修会を紹介します。

研修テーマ 「重力」と「圧」そして「ズレ」への対策!

       講師 広島県北良いケア立上げ隊(仮称)
          アイリーケアライフ 代表 高本 晃司 氏
 
《研修概要
  1 拘縮変形・褥瘡予防のための知識
      ~ 要因となる3つの不快感 ~
   2 シートを使った移動で拘縮・褥瘡予防
      ~ 「圧」「ズレ」による不快感からの回避
   3 シートを使った移動で介護者への効果
      ~ 働く自分たちの身体を守る意識 ~














2019年6月25日火曜日

令和618日(火)18:30~19:30

6月職員研修会を開催しました。

研修テーマ1 「身体拘束について」

発表者   特養 身体拘束廃止委員会 安川 大喜
発表内容  喜楽園特養の「身体拘束セロへの道」と題し、現在の
     拘束状況や何故、拘束ゼロにできな状況その理由。
      また、拘束外しの取組みと葛藤など報告を受けながら、
     今後、目指すべき拘束ゼロの課題と方向性について学習し
     ました。


研修テーマ2 「食中毒の原因・予防・対象法」

発表者   感染対策委員会 倉岡 竜宏
発表内容  食中毒警報の発令を前に、食中毒に関する知識と予防策、
     対処法について、スライドを使った座学と手洗いチェッカー
     による正しい手洗い方法について学習しました。





      
    

 

2019年5月26日日曜日

令和523日(木)18:30~19:30

 5月 職員研修会を開催

 テーマ 介護事故の防止について

 講 師 デイサービスセンタースマイル
     生活相談員 山根 真智子

 昨年度の各事業所の介護事故発生状況の分析資料をもとに、介護事故防止に向けての基本活動やヒヤリハット活動、ケース検討会議の持ち方等を振り返りながら、グループワーク方式により、今後の各職場での活かせる取組みについて意見交換を行いました。
 
 




2019年5月6日月曜日

平成31416日(火)18:30~20:00

平成31年度4月職員研修会を開催しました。

 研修テーマ 「認知症コミュニケーション向上研修」

      ~認知症高齢者とコミュニケーション~

今回は、講師役にインターネット配信サービスによる研修動画を活用しての座学研修を実施しました。

 「認知症」は病気や病名ではありません。
 「認知症」とは、一度正常に達した認知機能が、後天的な脳の障害によって持続的に低下し、日常生活や社会生活に支障をきたすようになった状態といい、それが意識障害の無いときにみられる(日本神経学会認知症患者ガイドライン2010)

 〈 我が国における4大認知症 〉

  アルツハイマー型認知症(50~60%)
  レビー小体型認知症(20~25%)
  血管性認知症(10~25%)
  前頭葉側頭型認知症(1~3%)

 〈認知症・BPSDを正しく理解する〉

「中核症状」とそれに及ぼす「身体的要因」,「心理・社会的要因」,「環境的要因」が周辺症状(BPSD)に影響します。

  これら「認知症」に対する基本理解のもと、主な認知症の種類と特徴や種類別コミュニケーション障害の特徴を学びました。





2019年3月28日木曜日

平成31326日(火)18:30~20:00
3月定例職員研修会では
各部署から2019(平成31)年度事業計画(案)の発表を行いました。

 最初に、平成31年度収支予算概要及び法人事業全体の重点目標について森田施設長から説明が行なわれ、続いて各課長から各事業所の重点目標及び目標達成のための課題と対策・取り組みについて発表が行なわれました。
 参加者全員により組織としての目標と取組みの方向性について認識の統一を図る場となりました。
 平成31年度の美和会重点目標
1 「生産性の向上」をキーワードとした業務改善に努めます。
2 人材育成型人事評価の定着と働きやすい職場づくりに取り組みます。
3 新たな報酬加算取得とサービス向上のためのスキルアップへの挑戦に努めます。
4 特養建替えに関する基本方針を決定します。







2019年2月25日月曜日

平成31219日(火)18:30~20:00
2月定例職員研修会を開催
 昨年秋期に行われたキャリアパス支援研修を受講した職員を講師に、職員36名が参加し伝達研修を実施しました。
Ⅰ 高齢者虐待防止 ~利用者の人権を守る~
  ⑴報告者 特養副主任 野澤 昇平 
       特養介護員 安川大喜・岡田麻衣

  ⑵研修の目的と内容
      虐待になる行為を知る。
      虐待が起こったらどうする?
      虐待の原因
      虐待を起こさないための対策




Ⅱ 介護現場で働く皆様のために
 ~腰痛予防・改善のための正しい知識を身につけましょう~

 ⑴ 報告者 特養介護員 奥迫 達允

 ⑵ 研修の目的と内容
      腰痛の基礎知識(腰痛の原因、自己管理してはいけない腰痛)
      腰痛予防対策(ノーリフティングポリシー、福祉用具の活用ほか)
      自分を守る腰痛エクササイズと実践




 
     
 

2019年1月7日月曜日

1218日(火)18:30~20:00

12月定例職員研修会を開催しました

 研修会に先立ち、平成30年度全国老人福祉施設協議会 会長表彰(2名)の伝達表彰を行いました。これからもよろしくお願いします。
 (在職勤続20年以上) 
   特別養護老人ホーム喜楽園 主任看護員 山下 美智代
   養護老人ホーム喜楽園      課長 小迫 輝彦



  
 今月の研修会は、職員研修受講者の中から「業務改善」に関する伝達講習を設定し、美和会全職場の課題として、意識改革をはじめ業務改善の取り組みの手法を学びました。
 1 報告者    養護老人ホーム喜楽園 主任生活相談員 新田 賢



 2 研修名題名  『業務改善からアプローチする魅力ある職場づくり』
        ~業務改善の着眼点について製造業視点(トヨタ式)から学ぶ~

 3 参考内容  ⑴介護業界における共通課題1
          ・時間の概念が薄い(業務の基準時間が曖昧)
          ・業務品質の「基準」が曖昧
          ・管理監督者がマネジメントできていない
         ⑵介護業界における共通課題2
          ・扱っている「商品」が目に見えない、業務の個別性が高い
            → 改善意識が薄い 又は 改善を諦めている
         ⑶製造業と同様な改善が可能
          ・課題を明確化(問題共通の工夫・数値化による現状分析)
          ・「改善」=今より良くすること(どうすれば?疑問を持つ)
          ・「仕事」=作業+改善(もっとよくできないか)
          ・整理整頓は効果絶大
          ・ムダ取り(主作業の割合を最大化→付加価値向上)
          ・真因追求と再発防止
          ・改善の考え方とは
             ①5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)
             ②標準化
             ③ムリ・ムラ・ムダの排除
          ⑷改善のための基本精神
           ①仕事のやり方の固定概念をすてよ!!
           ②できない理由の説明より、やる方法を考えよ!!
           ③言い訳をするな、現状をベストと考えるな!!
           ④いい仕事は直ぐやる、悪いことは直ぐやめる
           ⑤パーフェクトを求めるな、60点でいいから進めよ!!
           ⑥誤りはその場で直ぐ直せ!!
           ⑦困らなければ、”知恵”は出ない!!
           ⑧真因追求は”なぜ”を5回繰り返せ
           ⑨一人の”ひらめき”より、3人の”知恵”を!
           ⑩改善は無限である
      
 今後の介護業界は、人手不足や報酬算定の引き下げ等厳しい社会環境が待ち受けています。民間企業の取組から学ぶとともに、私たちの職場も業務改善なくして「働きやすい職場環境づくり」は進まないことを参加者全員で理解を深めることができました。